敵の弱点を掴んだら一気に攻撃|蜂の退治に効果的な時間を知ろう

ウーマン

アシナガバチの場合

ハチ

夏や春になると草木が成長します。草木とともに虫の活動が活発になる時期でもあります。蜂はその春から夏にかけて巣を作るのです。気づかないうちに家の近くに蜂が巣を作ってしまった場合は、安全のためにも退治しなくてはいけません。なぜなら、蜂が巣に近づかれるのを警戒して攻撃してくることがあるからです。蜂を退治するといえば一番危険なスズメバチを想像する人が多いでしょう。それに次いでよく目撃されるのがアシナガバチです。アシナガバチはスズメバチと比べると細く小型な蜂です。また、毒もスズメバチより弱いといわれています。しかし、刺されればアナフィラキシーショックが起こる場合もあり死亡する危険性もあるのです。一度蜂に刺されたことのある人は注意が必要です。また、刺されたときの痛みはスズメバチより強いとされています。アシナガバチを退治する場合、巣がどこにあるのか確かめる必要があります。アシナガバチの巣は下から中が見える状態になっています。丸い巣を作るスズメバチとは形が異なるので見分けがつけやすいでしょう。退治する際に覚えておくといいのが蜂の活動時間です。アシナガバチは夜行性ではありません。日中が活動時間なので、夜や早朝の気温が下がる時間帯は動きが鈍くなります。この時間を狙ってアシナガバチを退治するといいでしょう。駆除するときには黒い服は避けましょう。有名な話しではありますが、黒い服や黒い物を身に着けていると攻撃される可能性が高まるのです。敵の弱点を掴んだら一気に攻撃するべきです。

必要な道具

蜂

家の近くで蜂の巣を見つけたら退治しましょう。放っておくと襲われる危険もあります。退治するときには防護服が必要です。また強力な殺虫剤も準備しておきましょう。自分で退治が難しい場合は業者を頼るといいでしょう。

駆除の方法

虫

蜂の巣が近くにある場合は退治をしたほうがいいでしょう。退治をする場合はまず、蜂の種類を知る必要があります。スズメバチやアシナガバチの場合は自分で退治するのは危険です。

スズメバチはとても危険

花とハチ

蜂が活発に動く季節は注意が必要です。とくにスズメバチは攻撃的で襲ってくることもあります。そんなスズメバチの巣が近くにできてしまったら、自分で駆除せずすぐに業者を呼びましょう。